細川護煕氏、大学学園長を辞任

 元首相の細川護煕氏(76)が、体調不良を理由に東北芸術工科大学(山形市)と姉妹校である京都造形芸術大学(京都市)の学園長を辞任する意向だそうです。

 細川護煕氏は肥後熊本藩主だった肥後細川家の第18代当主で、上智大学法学部卒業後、朝日新聞社記者を経て第9回参議院議員通常選挙に全国区から立候補し初当選。1983年に熊本県知事に転身、2期8年努めた後に日本新党を結成第40回衆議院議員総選挙で躍進し、自民党と共産党を除く政党による連立政権で首相となりました。しかし、1年保たずに退陣に追い込まれ、連立政権は崩壊。日本新党も解党し、細川は新進党に合流するも、これもまもなく解党。1998年には還暦となったことを区切りに政界を引退しました。

 引退後は主に陶芸家、茶人として活動し、2011年に東北芸術工科大学と京都造形芸術大学の初代学園長に就任。経営には参画せず、学生を対象とした陶芸に関する講義などを行っていました。その後2014年に、反原発を掲げて東京都知事選挙に立候補するも、当選した舛添要一氏の得票数211万票の半分にも届かず落選しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です