新幹線対北陸二空港

 JR西日本によると、3月14日の延伸開業から3カ月を迎えた北陸新幹線、上越妙高―糸魚川間の乗車率は47%だそうです。

 47%、と言うと一件苦戦しているように見えますが、利用者数自体は、3月13日まで主要ルートだった上越新幹線と在来線特急の乗り継ぎに比べて3倍以上になっています。乗車率47%にしても、もともと40%あれば採算がとれる路線であると言うことで、十分な数字なのだそうです。

 一方あおりを受けているのが航空路線。羽田空港と小松空港、富山きときと空港を結ぶ路線は、利用者数が約三割減少。今の所航空会社は飛行機を小型化するなどして便数を維持しているようですが、これ以上減れば撤退に追い込まれかねない事態です。

 限られたパイを陸と空で奪い合っている状態ですね。金沢への観光客数そのものが増えないと、いずれどちらかが撤退という事になりそうです。今の所、金沢市の中心から車で40分かかる小松空港が交通の便の悪さもあって苦戦。と言って、新幹線も今は目新しさもあって選ばれていますが、将来的には判りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です