安倍首相、トランプ氏と初会談

 安倍晋三首相は17日夕(日本時間18日朝)、アメリカ大統領選で勝利したドナルド・トランプ次期大統領と、ニューヨークで初の会談を行いました。

 トランプ氏が所有する、マンハッタンにある通称トランプタワー、その最上階にあるトランプ氏の自宅で約1時間半に渡って行われました。日本の首相が、まだ就任する前のアメリカ次期大統領と会談するのは異例の事です。また、大統領選以降トランプ氏が他国の首脳と会談するのはこれが初めてと言う事もあって注目を集めています。

 トランプ氏はかねてから在日米軍の駐留経費の全額負担や、TPP反対の立場を主張いていますが、安倍総理は日米同盟の重要性や、貿易・投資のルール作りを日米がけん引する必要性を説明したと見られます。

 トランプ氏がこれまでの発言通りの政治をするなら、様々な国との摩擦は避けられませんし、世界は混乱するでしょう。そもそも実現性の疑わしい物もあります。安倍総理としては、その真意を確認したい所です。