ゴーン氏、ルノー会長兼CEOを退任

 フランスのルメール経済財務大臣は24日、カルロス・ゴーン氏がルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を退任したと述べました。

 ダボスで世界経済フォーラムに出席中テレビのインタビューに答えたもので、ルノーは同日取締役会を開き、フランスのタイヤ大手ミシュランでCEOを務めるジャンドミニク・スナール氏を後任の会長に選出しました。

 ゴーン氏が逮捕された後、日産自動車と三菱自動車はゴーン氏を会長職から解任していましたが、ルノーはティエリー・ボロレ最高執行責任者(COO)がCEOを代行し、ゴーン氏の解任は先送りしていました。

 しかし、長期間の拘留で会長兼CEOとしての職務が全うできないことと、日産自動車側の反発が大きいこともあって退任を決断したようです。CEOにはボレロCEO代行が就任します。

 これで、ゴーン氏は日産自動車、三菱自動車、ルノーの3社全ての役職から退いたことになります。

 しかし、これで問題が解決したわけではなく、むしろこれから。日産はルノーの出資比率を下げさせ、両社の不公平な出資関係を変えたい意向ですが、フランス政府はルノーと日産の経営統合を求めるなど、両国政府も巻き込んだ駆け引きが続きそうです。