富岡製糸場、世界文化遺産への登録を勧告

 群馬県の「富岡製糸場と絹産業遺産群」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関に世界文化遺産への登録を勧告されました。

 富岡製糸場は明治5(1872)年に、産業の近代化を急ぐ明治政府が西欧から最新技術を導入して、群馬県富岡に設立された日本初の本格的な器械製糸工場です。養蚕技術を独自に改良して大量生産を実現、日本のみならず世界の絹産業の発展に貢献しました。が現存しており、敷地全体が国指定の史跡、初期の建造物群が重要文化財に指定されています。
 昭和62年まで現役の製糸場として稼働。操業停止後も所有する片倉工業(東京)が「貸さない・売らない・壊さない」の社訓を定めて保全に努めた結果、和洋折衷の様式で建てられた木骨れんが造りの繰糸所、繭倉庫などなどが、開業当時の状態でほぼ完全に残されています。

 事前審査をするユネスコの諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)は26日に公表した勧告で、「富岡製糸場と関連資産は、日本が近代工業化世界に仲間入りする鍵となった」と、保存状態の良さと共に高く評価しています。

 登録勧告から一夜明けた27日は大型連休最初の日曜日と重なった事もあり、過去最多となる4972人が訪れるなど、地元は文化遺産フィーバに沸いています。