小保方氏、反論会見

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子ユニットリーダー(30)は9日、STAP(スタップ)細胞の論文問題が発生して以降初めて公の場に姿を現し、大阪市内のホテルで記者会見しました。

 小保方氏は会見の冒頭、「私の不勉強、不注意、未熟さゆえに多くの疑念を生みました」と謝罪。ネイチャーの論文の核心部分に改ざんと捏造があったとした理研調査委員会の最終報告については、「実験は確実に行われており、悪意をもってこの論文を仕上げたわけではない」と反論しました。

 小保方氏は「STAP細胞は200回以上作製に成功しており、真実です」と訴え、調査委が「実験ノートが3年で2冊しかなく、どんな実験だったかを追跡できなかった」と指摘した点に関しては、「調査委に提出したのは2冊だが、実際にはもっと存在する」と説明しました。改ざんにあたると判断された遺伝子データ画像の切り貼りについては、画像の加工は認めたものの、「切り貼りしてもしなくても、データから得られる結論が変わらない」と改ざんを否定しています。

 200回以上制作に成功しているのに、追試の成功例が無いのは何故か?。制作過程に余程職人芸が要求されるのかもしれませんが、そうであれば、外部の専門家に立ち会って貰い、実際にSTAP細胞を作成してみせるのが一番の近道と思われます。STAP細胞の存在さえ証明できれば、論文問題は悪意の無いミス、本人の未熟さで済むでしょうが、出来なければ捏造です。